1. 海外で起業したいと思った時に最初にとるべき3つの方法

海外で起業したいと思った時に最初にとるべき3つの方法

 海外で起業する方法は、そんなに難しいものではないと考えられています。 どの国で起業するかによっても変わってきますが、海外では日本より手続きが簡易な場合が多いです。 では海外で起業する際の方法として、国内とはどのように変わってくるのでしょうか。 ここでは海外で起業する時に最初にとるべき方法をご紹介します。

 現地での情報収集が大切

 海外で起業する決意をしたのであれば、必ず現地に足を運ぶことが大切です。また、現地で起業に協力を得られそうな機関や人から情報を集めることも必要でしょう。例えば、その国特有の法律や法人登記、不動産取得、ビジネスプランの作成、場所や人間の確保の方法など、日本で起業する以上に現地について学ばなければなりません。自分のしたいビジネスがその国では違法になってしまうということも良くあることです。その為に国内でやる時以上にしっかりとした情報収集が必要です。

海外の言葉を学ぶ

 また、海外で起業する際には、現地の人とのパートナーシップが重要になります。その為、海外で起業する際には英語は必須です。 場所によっては英語以外の言語の習得も必要になってくるでしょう。言葉を学習する際には、事前に語学の教室に通うこともよいですが、現地で沢山の人達と触れ合うことによりネイティブな英語を身に付けることもよいと思います。コミュニケーションを取る事により、現地の風習などを知ってその地域の常識にも馴染むことができ、よりその国に親しみを持つことができるようになります。ネイティブな言語は、仕入れや支払いの際の商取引においても役に立ちます。また、現地で友人ができたならば、何か必要な事があった場合に友人を介して解決に導く事もできると考えられます。 そのため海外の人と盛んにコミュニケーションを取り、親しい人を作っておくことが必要になります。

海外で起業する際の必要な費用を集める

 海外で起業するためには、初期投資および3年間分の運転資金は用意していて損はありません。 海外で起業する場合には、3年目には企業が安定してくると言われています。そのため、企業が安定するまでの3年間分の資金は初期費用とともに事前に準備しておくことが良いでしょう。その為、事業が安定するまでは他のお店でアルバイトとかけ持ちをしながら事業を運営するのもいいかもしれません。アルバイトをすることにより、『その国の国民性』や『求められているもの』『足らないもの』などが見えてくると思います。

 海外での企業のハードルは少し前と比べればだいぶ下がっています。この記事も参考に自分がまずすべきことを考え実行に移してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する