1. 熱意を伝える面接前後に出すメールの送り方

熱意を伝える面接前後に出すメールの送り方

 最近では、面接の連絡をメールで行う企業が増えています。その際に、面接前後に熱意を伝える為に送るメールとして、気をつける点を考えてみましょう。面接前も後も、企業への熱意を伝えなければ企業も目を留めてくれません。メールを送る際に必ず企業について調べ、どのような事をしているか、ここでどのような事をしたいかということを明確にし、長文にならないように簡潔にメール文を作成する事が大切です。では具体的にどのような文章を送ったらよいでしょうか。

①面接前に送るメール文について

 面接前に送るメールとして、「自分は楽しみにしています。」や「頑張ります。」「よろしくお願いします。」だけで終わらせてしまうと他のメールとの差別化を図ることは難しくなります。企業へ入って何をしたいかということや自己PRしたい事を何文か入れて「頑張ります」で締めるといった文にしましょう。

 面接の連絡があった際の返信として送る場合に、あまり長々メール文を作成するのではなく、短文で読み手がメールを開いてすぐにでも熱意が伝わるようなメールを送るように心がけましょう。

②面接後のメール文について

 面接後にも、時間をとって面接してくれたことに対する感謝の気持ちをメールで送るようにしましょう。メール文としては、「本日は、お忙しい中お時間とって頂きありがとうございます。」というお礼の言葉から始め、企業に対して感じた事を素直に書くようにします。こちらに関しても長文になりすぎず、5行程度を目安に簡潔に書きましょう。いろいろな事を取り入れすぎて文書が長くなりすぎると、相手もメールを読むのに疲れてしまいます。

 面接の前後にきちんとメールを送ることはぜひ習慣にしてほしいものです。義務的に行うのではなく、感謝の気持ちをきちんと持つことで相手にも自分の熱意を伝えることができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する