1. シンガポールで起業する方法とそのルールとは

シンガポールで起業する方法とそのルールとは

 シンガポールには豊富な起業支援プログラムが整えられています。また、英語圏であったり、ASEAN周辺国へのアクセスが容易、安全であることなど、起業する際のメリットは沢山あります。その為、昨今ではシンガポールでは人気の海外起業スポットとなっています。今回は、そんな人気のシンガポールで起業するためのルールと方法について書いていこうと思います。

【1】シンガポールでの会社設立のルール 

 シンガポールの法人の設立手続きは日本よりも非常に容易です。また、手続きが迅速であることでも有名で、1日で手続きが完了してしまうほどです。シンガポールは外国に対する門戸も広く、会社の経営に関する負担の軽減のため、様々な政策や税金面での優遇策も同時に打ち出しています。設立する際には、いくつかの取り決めがあります。例えば、法人の取締役のうち最低一人はシンガポール居住者でなくてはなりません。これはペーパー・カンパニーを防ぐための目的です。また、株主は最低1名以上から必要です。株主は国籍や居住地を問われることはありませんが、会社秘書役は、シンガポール居住者から選出しなくてはなりません。その他にも、資本金が必要になってきます。

【2】シンガポールでの会社設立の方法

 会社設立の流れについては、概ね以下のようになります。まず始めに、会社の商号を予約し、決定します。次に、定款を作成します。定款では、資本金額や株主の選定、取締役の選定、会社秘書役の選定、本店所在地、業務内容等必要決定事項の確認を行います。作成できたものは、会計起業規制庁へ提出します。その後に、商号の確認を行います。会計企業既成庁に行き、会社名予約申請を行います。 

 更に、会社登録申請では、会社登記申請を行い、許可された後登録し、手数料を支払います。 また、最初の取締り役会をの開催し、必要に応じて増資の決議を行います。そして名義上の取締役の辞任や新取締役の就任、銀行口座の開設や決算日の決定を行います。銀行に口座が開設できれば増資資金の送金ができます。 会社が設立された後には、就業許可証を申請することができます。これは6カ月以内に申請しなければなりません。 会社設立後3か月以内には、会計監査人を選任する必要性があります。また、カンパニーセクレタリーも6カ月以内に選任することが必須です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する