1. Facebookを通して拡散されることで得られる宣伝効果とその効果を高める方法

Facebookを通して拡散されることで得られる宣伝効果とその効果を高める方法

 みなさんの多くがSNSを利用していると思います。そのSNSの代表格と言えばFacebookです。Facebookは使い方さえ間違わなければ大手にも負けない宣伝効果が期待できます。ではその宣伝効果にはどのようなものがあるのでしょうか。今回その宣伝効果について紹介していきたいと思います。

企業がお金をかけずに全世界から顧客を集められる

 宣伝効果の代表的なものとして、全世界の顧客を大きなお金をかけずに集めることができることがあげられます。Facebookを通じてすでに顧客になってくれている人が自分の友人に共有することで、簡単に情報を拡散することができるのです。これはインターネット上でも起こっていますが、知らない人が共有した情報よりも自分の知っている人が共有した情報の方が信憑性があるというもの。Facebookでシェアされるということは、その友人たちが信頼性の高い情報を得ているということなのです。

 ただし、そうなるには日々の努力が必要になってきます。自社が検索結果で上位にくるようにSEO対策を行ったり、他の企業と差別化を図るようにするなどの工夫が必要不可欠です。そのためにも、どのようにしてお客様を呼び込むかを常に考えている必要があると言えるでしょう。

リアルタイム投稿を活かす

 ではどうすればFacebookで拡散してもらえるのでしょうか。そこで使えるのがリアルタイムで情報を提供できるというFacebookの利点です。通常の広告の場合と違って、記事を投稿するその日や次の日のキャンペーン情報にも効果があります。

 リアルタイムで情報を流せるからこそ流すタイミングも重要になります。そのため、普段お客様が訪れるであろう時間帯を見つけて更新していくようにしましょう。例えば会社が終業する午後6時から8時頃だったり、または休日であれば午前の9時頃から更新するなどの配慮が必要になります。

 Facebookでは既存顧客が自社の情報をシェアすることで、その友人にアプローチすることができます。その機能を活かしてぜひ多くの人に宣伝できるようにしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する