1. 企業がTwitterを利用するときに効果を得ることができる使い方

企業がTwitterを利用するときに効果を得ることができる使い方

by VinothChandar
 日常的な話題を呟く場として多くのユーザーに利用されているソーシャルメディアがTwitterです。近年Twitterは、製品やサービスのプロモーションのため、様々な企業も利用することが多くなりました。ここでは、企業がTwitterを利用するときに効果を得ることができる使い方について紹介していこうと思います。

Twitterを企業が利用する効果

新規顧客開拓

 twitterを使うことの効果としては、新規顧客の開拓が挙げられます。これは情報の発信や対話により生まれます。そして、呟くことにより、企業のブランディングもできるのではないでしょうか。

マーケティングとしての利用

 また、マーケティング目的での活用もできます。顧客のニーズやリアルタイムの情報を収集することにより、その製品が顧客にどのような目で見られているのか分析でき、サービスや製品案内に利用できます。

Twitterの効果を得られる使い方

顧客に対してTwitterだけの情報を流す

 他のメディアよりも先んじてフォロワーのためだけに特別な情報をツイートするような施策は効果的です。フォロワーにとってツイッターをフォローする意味が生まれ、ツイッターをチェックしたくなります。Twitterを利用するときは、相手がフォローしてくれているという意識を持つことが重要になります。日々、顧客やフォロワーにとって有益な情報をツイートするようにしましょう。

ファンを増やす施策をとる

 Twitterのアイコンにキャラクターを用いてゆるキャラを作り上げ、顧客に接するような、ファンを増やしていくのも方法の一つとしてはあるでしょう。製品情報を単にツイートするだけだと、退屈なものとして受け入れられません。顧客を離さないように、いかに面白い話題、顧客にとって必要な話題を提供し、その中で、効果を得るのが企業のTwitterの使い方として重要なポイントとなります。

 ここでは、企業がTwitterを利用するときに効果を得ることができる使い方を紹介しました。顧客にとって有益な情報を流したり、ファンを増やすことで、顧客を獲得し、その中で企業にとって利益がある情報やメリットを得るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する