1. 相手に悪い印象を持たれずに面接をキャンセルするときのポイント

相手に悪い印象を持たれずに面接をキャンセルするときのポイント

 転職活動などでいくつも面接を受けていると、様々な理由で面接をキャンセルしなければいけない場面が出てくると思います。面接のキャンセルの電話は申し訳ない気持ちもあるでしょうし、例えばそれが最終面接だった場合は、特にキャンセルしづらいという気持ちもあるかと思います。ここでは悪い印象を与えないように、面接のキャンセルをする方法を説明したいと思います。

連絡は長引かせない

 面接をするという事は企業側もそしてその担当者もわざわざ自分のために、面接する時間を空けてくれています。キャンセルしなければいけないと分かった時点で出来るだけ早くキャンセルの連絡入れるようにしましょう。当日の体調不良などで無い限りは、遅くても前日にはキャンセルの連絡をすることが望まれます。

 キャンセルの連絡を入れる時は、メールではなく電話でキャンセルしましょう。メールの場合行き違いになってしまう事もありますし、きちんと自分の言葉で直接伝える方が相手は納得できます。メールではどうしても一方的な印象が持たれてしまいます。

 連絡する時間も気をつけましょう。始業時間前や始業時間直後、昼休み前後、就業時間の間際は避けましょう。午前中はバタバタとして忙しい事が多いので、午後が良いかと思います。

言い訳を長々言わない

 電話する際、出来る限り人事担当者に伝える方が良いですが、人事担当者と連絡をとるのが難しい場合は伝言をお願いするのもよいかと思います。この場合は伝言をお願いした相手の名前をきちんと聞いてメモしておきましょう。

キャンセルの電話をしたときに、何故面接を辞退するのか理由を聞かれる事があります。この時に「一身上の都合です。申し訳ありません。」でも良いですし、本当の理由を伝えるのも悪い印象は持たれません。「他社にて内定を頂きました。考えた末に、決断致しました。申し訳ございません。」このように、必ず謝罪の言葉は伝えましょう。

 理由を伝える時に言い訳をクドクドと言うのではとても印象は良くありません。「一身上の都合で〜」と答えた後、例え相手に突っ込まれて聞かれたとしても、自分から理由を伝えたいと思ったにしても簡潔な言葉で伝えるようにします。

 きちんとした対応でキャンセルをすれば、悪い印象は持たれることはないと思います。誠意を持った対応をするように心がけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する