1. TOEICの基礎を勉強する上でやっておきたいこと

TOEICの基礎を勉強する上でやっておきたいこと

 TOEICとは、 英語でどの程度コミュニケーションを取れるかはかるためのテストであり、リスニング・リーディング・スピーキングのテストがあります。テスト結果は合否ではなく、スコアにて評価され、評価基準を一定に保つために統計処理が行われているため、英語の能力を性格に把握することが可能です。履歴書などにも記載することができるため、自分自身の為にも役に立つテストだとも言えるでしょう。ここでは、そんなTOEICの勉強の基礎について書いていこうと思います。

恒常的にやっておくべきこと

 TOEICでは、先に述べたようにリスニング・リーディング・スピーキングのテストによりスコアをはかります。そのため、これらの能力を伸ばす必要があります。その基礎を培うためには、まず単語を覚えることは必須です。毎日10個程度ずつ単語やイディオムを覚える事で語彙も豊富になり、本番においても役に立ちます。語彙は少なければ話せる言葉は限られてきますが、多く覚えて損をすることはありません。次に、常に「その言葉は英語で何と言うか」を考えることが有効です。これを常々気にかけることで、自分の知らなかった言葉を発見することができ、自分の苦手部分の克服にもなります。また、単語を覚える際には、必ず音を確認することが必要です。

積極的に活用すべきもの

 ちまたでは、数えきれないほど多くのTOEICに関する参考書や攻略本、教材などが販売されています。また、HPや通信講座、スクールなども豊富に設けられています。TOEICの勉強をするために、このようなものを積極的に活用することも良いと思います。英会話スクールなどでは、実際にネイティブの先生が指導してくれる場合もあり、コミュニケーションを実際に行うことで、その能力は格段に上がるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する