1. 面接で採用したいと思わせるための笑顔を作る2つのコツ

面接で採用したいと思わせるための笑顔を作る2つのコツ

 短い時間で行われる面接の中でどれだけ自分をアピールできるかは、とても重要なことですよね。無事採用となるために、出来ることは全てやっておくことが後悔しないためにも大切です。初対面の印象は視覚が9割と言われていますが、面接で視覚に訴える笑顔のコツとはどのようなものでしょうか。

口角をあげる意識を持つ

 笑顔といっても、普段から慣れていない人にとっては難しいかもしれません。普段慣れない事をやるとわざとらしくなってしまったり大袈裟になってしまい、いい印象になるどころか違和感を感じさせてしまいかねません。また、笑顔とは本来自然に出てくるものですので、面接だからと簡単に作れるものではないのです。また、笑顔にも何種類かあり、面接での笑顔は大きすぎても真剣さにかけるため、口角を上げるくらいが丁度よいとされています。その際、目の力の入れ具合にも少し工夫がいります。

 真剣な時は、口角を上げたまま、目は通常よりも少し大きく開き熱意をアピールしましょう。また、話を聞くときや、雰囲気がやわらいだときは、目に力を入れないようにすると、面接官に優しい印象を与える事ができます。それらを使い分け、臨機応変に笑顔を作り出すと良いでしょう。

好きなものを思い浮かべる

 自分の好きなものを思い浮かべていて嫌な顔になる人はいません。また、好きなものを思い浮かべている時の笑顔は自然なものになるため、相手にもいい印象を与えることができます。面接室に入る直前に自分の好きなものを頭に思い浮かべることを習慣にしてみましょう。飼っているペットの写真など持ち歩けるものがあれば、直前に見るのもいいかもしれません。

 人の印象は時間が短ければ短いほど、見た目の印象が大きな割合をしめると言われています。面接で素敵な笑顔が出来れば印象もよくなり、いい面接が出来る事でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する