1. 企業がもう一度確認しておきたいFacebookを利用する時の目的

企業がもう一度確認しておきたいFacebookを利用する時の目的

 近年では、殆どの企業がTwitterやFacebookなどのコミュニケーションツールを積極的に活用しています。ここでは主にFacebookを活用する目的についてお話していきましょう。

①顧客との交流という目的

 企業がfacebookを利用する目的として第一に挙げられるのが、コミュニティの形成です。Facebookのページのウォールはコミュニティの進行役としての活用ができるため、地域団体や非営利団体のメンバーとのコミュニケーションを取る事ができます。さらに、情報の共有も行うことができるため、様々な情報を得ることができます。

 Facebookを活用する利点として、他に挙げられることは、顧客が購入して満足した商品は拡散できるというプラットフォームシステムです。顧客と良い関係が築けると口コミマーケティングの手法が必然的に成り立つのです。また、調査や開発の為にFacebookを利用することも良いでしょう。これは、実際に利用者である顧客に直接質問することにより、得られる情報から新たな製品を開発する糸口が見つかります。

②情報発信源としての利用目的

 Facebookの活用方法として、2つ目に挙げられるのが情報の発信です。営業時間を知らせたりプレリリースの情報を掲載させたりと、顧客に対して直接に情報発信することができます。また、会社からの前向きな変更点などを発表するのにもFacebookを利用することが便利です。

③上記に挙げたもの以外の目的について

 その他にも、特設イベントに関する参加者の募集や調整や地元のコミュニティに参加しているかどうかをアピールするということも可能です。加えて、ユーザーを動かすようなコンテンツが豊富に整えられていることも魅力的です。例えば、Facebookでコンテストを実施することで、その会社に興味のない人がエントリーしてくることも考えられます。

 Eメールでのニュースレターも設置することが可能ですし、様々なチェックインクーポンをつけることで、顧客の満足感も得られる事でしょう。このように、企業がFacebookを利用する利点は様々なものがあります。ネットを介することで、顧客と親しみ深く接することにより、新たな製品開発のヒントが得られ、ビジネスチャンスが訪れることも考えられます。

Facebookを使う目的を再確認し上手く用いることで、積極的に製品をアピールしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する