1. ビジョンを決定するときに盛り込むべき要素

ビジョンを決定するときに盛り込むべき要素

 企業のビジョンと一口に言っても、その捉えられ方は様々です。色々な会社のビジョンを見てみると、その種類は大きく分けると2つのタイプがみられます。1つは社会に対して何をするのか、もう1つはどんな会社にしたいのかです。

 前者でいえば地域貢献を目指すといったようなこと、後者は売上や社風のことなどが挙げられます。ここでは、これからビジョンを決定するという時にどのような要素を盛り込めばよいのかということについてご紹介していきます。

社員の行動指針

 企業活動をする上で必要なことは、会社を存続させるための売り上げをあげることです。当然ですが、利益が出せなければどれだけよい事業であっても続けることは出来ないからです。そこで必要になってくるものが社員が活動するにあたってその行動指針となるもの、つまりビジョンです。

 ビジョンに盛り込む要素というものは、社員の行動指針になるものでなければなりません。それが地域貢献であるなら企業活動を通してどのように貢献できるのかを考えるでしょうし、売上高なのであれば、どうすれば売り上げを増やすことができるのかが第一になるでしょう。

社会に必要とされる要素

 社員の行動指針やそれに沿った行動が、その会社の個性になります。それは、社会からの評価の対象になるものです。そして会社が存続するかどうかは、社会に会社が必要とされるのかどうかにかかってきます。いくら一生懸命仕事をしても、それが社会に受け入れられなければ結果には結びつきません。

 ビジョンに必要な要素は、どのようにしたら社会に必要とされるのかという事を含めるべきだと言えます。自社製品・サービスを通して社会にどのような影響を与えることができるのかといったことを、社員に示す必要があります。

成長するための仕組み

 社会は時事刻々と変化しています。その中でいかにその変化に対応していけるかということも考えなくてはなりません。社会貢献のためにどのようなことをすればよいのかといったことを内包する形にできれば、社員も常にどう対処していけばよいのかを考えます。

 ビジョンは社員の進むべき道ですから、そこには社員の成長や目的意識も尊重されていなければいけません。社員の成長は会社の成長へと繋がるので、ビジョンに盛り込む要素としていかに企業として成長し続けるのかという事も挙げられるでしょう。

 ビジョンは企業の目指すべき姿です。そういうことをしっかりと意識して、ビジョンを決める際にはじっくりと内容を検討していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する