1. プロジェクトメンバーをマネジメントするためのオペレーション方法

プロジェクトメンバーをマネジメントするためのオペレーション方法

 プロジェクトメンバーをマネジメントするためのオペレーション方法としてまず意識しておくべきことは、人と人とのコミュニケーションが大きく関わってくることだということです。プロジェクト内容は様々ですが、メンバーをマネジメントするためのオペレーション方法はどの状況でも一緒だと考えます。どのようなやり方が最善で最適かということですが、1つの目標をメンバーで共有して、プロジェクトを達成させることが目的なため、一番にコミュニケーションスキルを発達させ、プロジェクトメンバーを導いていくことが必須なのです。では、それらを具体的に書いていきましょう。

良質なチームワークが作れる環境を用意する

 同じプロジェクトに携わるものとして、メンバー間でチームワークを作り上げることが必要です。メンバー全員でプロジェクトの目標を共有するので、本音を言い合わせ、様々なことで刺激を与え、必ずオープンな状況を作るなどの環境づくりが大切です。そして、個々人にプロジェクトの価値を理解させ、仕事の役割も明確にさせましょう。これはメンバーをマネジメントするために必要なオペレーション方法だと考えます。

コーチングシステムを導入する

 プロジェクトメンバーをマネジメントするためのオペレーション方法として重要なのは、冒頭でもお伝えしましたが、コミュニケーションスキルを発達させることだと考えます。そこで、最も有効的なやり方として「コーチング」を取り入れることをお勧めします。コーチングとは、プロジェクトメンバーとマネジメント側が「対等」な関係を築くことが基本になります。マネジメント側がプロジェクトメンバーと対等であり、サポート役となることで、コミュニケーションが気軽に行うことができ、全体的に生産性の向上につながります。マネジメント側がコーチングスキルを身につけることにより、メンバーをマネジメントするオペレーションとして最適な方法になるのです。

 以上の2点を踏まえ、自社のマネジメントを見直してみてください。そうすることで、プロジェクトは円滑に進むと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する