1. 【直前に得点力アップ!】TOEICの試験が一週間前に迫った時の勉強法

【直前に得点力アップ!】TOEICの試験が一週間前に迫った時の勉強法

by i_yudai
 TOEICで良い結果を残したいのであれば、追い込み期である一週間前の勉強が非常に重要になってきます。TOEICは、ポイントを押さえて勉強することで、一週間前からでも幾分かは点数を伸ばすことが出来るのではないでしょうか。ここではTOEICの試験が一週間前に迫ったときのポイントを押さえた勉強方法を少し紹介したいと思います。

リスニングセクションの勉強方法

 試験一週間前に重点的に取り組みたいのは、写真描写と応答問題です。何故なら、会話と説明文の問題は聞き取る文章が長くなり、短期間で勉強するには時間がかかりすぎてしまうからです。短い期間でスコアアップしたいのであれば、勉強する箇所を絞りましょう。

 リスニングセクションに関しては、過去問や問題集を利用して、何度も何度も繰り返し聞いて、解き続けて下さい。流れているリスニングの全文が聞き取れなかったとしても、単語が聞き取れただけで解ける問題もありますので、リラックスして聞き取れる英語をしっかり逃さないようにすることが、解答を得るためのコツと言えるでしょう。

リーディングセクションの勉強方法

 試験前一週間で勉強するのは短文穴埋めの問題に絞っても大丈夫と言えるでしょう。短文穴埋めはすぐに解答が見つかるだけでなく、問題数も多く、得点源になりやすいからです。短文穴埋め問題に絞って勉強しても、このセクションの正答率をぐっとあげる事が出来ます。これも数をこなしていくことを意識しましょう。TOEIC試験一週間前に、解いた数の文だけスコアとして返ってきます。短文穴埋め問題は、本文中にある単語とセットになっている単語が解答になっていることが多いので、本文を全部読まずとも答えが導かれるようになっているパターンもあるでしょう。

 
 ここでは、TOEIC直前期の勉強方法について紹介しました。勉強する項目を絞り、得点を伸ばすことに集中すれば、良い点が期待出来るでしょう。無駄のない勉強を一週間で凝縮して行って、TOEIC本番に望んで下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する