1. 話す内容だけではない!面接の印象を良くするテクニック

話す内容だけではない!面接の印象を良くするテクニック

 転職を考える時について回るのが面接です。面接において重要な要素の一つは面接官に与える印象です。面接官の中には人事の方以外に、例えば今後上司になるであろう人や役員クラスの人が来ることもあります。話す内容と相手に与える印象が重要となってくるのです。ではどのようにすれば面接の印象を良いものにする事が出来るのでしょうか。

役者のように演じきる

 面接の本で良く言われていることですが、面接の時には役者のように自分という人間を演じることも必要です。確かに嘘偽りない姿で面接を受けに行くことは重要項目ですが、それだけで好印象に変えることは不可能です。例えば常に根暗な人が根暗のままで臨んでもなかなか相手に自分の良い点を見てもらうことは難しいでしょう。

 そのため、時には役者のように演じきることも重要になってきます。本来はあまり人と笑顔で話さない人も、その時だけは笑顔で明るく話したり、ここは重要だと思うポイントでは熱意を込めてアピールをするなどの行動をしてみましょう。すると面接官も第一印象では感じなかったあなたの良い所を見て、好印象に変わることもあります。しかし、その時には絶対に無理をしないようにしてください。もしその面接で好印象を受けて採用されたらそのような自分をキープする必要があります。自分のできる範囲で演技を行うようにしましょう。

動きを加えて面接官に訴えかける

 プレゼンの上手な人というのは、多くの場合ジェスチャーのような行動を加えて説明していると思います。その理由として説明に熱意を加えるためです。それによって「私はあなたにこんなにも伝えたい」ということが伝わりやすくなるのです。面接は自分自身をプレゼンするということ。その行動を面接でも応用することができるのです。

 例えば、ここは大事だと思うポイントでは両手を軽く上下して説明をしますと、熱意を込めたアピールになります。また論理的に説明を行う時には利き手を出して、先ほどよりも軽くふるだけです。ただ単に座って説明されるよりもジェスチャーを加えた説明の方が説得力が増します。皆様もぜひ参考にしていただければと思います。

 今回あげた方法はすぐに実行できると思います。ぜひ試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する