1. 【勉強をするときに押さえておきたい】英語の学習効率を向上させる品詞を使った語彙の覚え方

【勉強をするときに押さえておきたい】英語の学習効率を向上させる品詞を使った語彙の覚え方

 英語の学習効率を高めたいという方は、品詞を覚えてみてはいかがでしょうか。品詞を覚えることで、文法の知識や語彙が一気に広がります。ここでは、英語の学習効率を向上させる品詞を利用した語彙の覚え方を紹介したいと思います。

接尾語に注目する

 英語の品詞は多くの場合、接尾語の違いで判断することができます。接尾語を付けるだけで、品詞が変化するものも有り、覚えておくと、語彙が何倍にも膨れ上がるのではないでしょうか。例えば、「-ency」という接尾語は、動詞をつけて性質を表します。「dependency」や「efficiency」という単語がその代表例と言えるでしょう。このように、接尾語を覚えるだけでも、多くの品詞を覚えることができるのではないでしょうか。

反対語を確認して覚える

 英語を覚えていると、形容詞の数が多いことに気付く方もいるのではないでしょうか。形容詞には、反対の意味となる言葉があります。一対の言葉として覚えることで、単純に単語を記憶するよりも多くの語彙を覚えることができるでしょう。


 ここでは、英語の学習効率を向上させる品詞を利用した語彙の覚え方を紹介しました。接尾語や反対語を利用することで、語彙の数も以前よりも多くなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する