1. 実践的な英語を身につけるために覚えておきたい3つの勉強過程

実践的な英語を身につけるために覚えておきたい3つの勉強過程

 最近では、日本の義務教育でも英語のリスニングとスピーキングの学習にも力を入れ始めましたが、それでも入試や限られた英語の授業の時間のために読み書きを中心とした英語教育が中心となっています。

 そのため、日本では未だに英語が必須科目であるにも関わらず、学校だけの勉強で英語ではコミュニケーションを取れる人があまりいないというケースが多く見られます。では、どのような過程で英語を勉強すると使える英語を習得することができるのでしょうか。ここではそのための方法をご紹介します。

英語を習得するにはまず音から入ること

 言語関係なく、字を読めない赤ちゃんや子どもは音から入っていきます。そのため、新しい言語を学ぶ際にはまず音から入るのがもっとも効果的だと言われています。なぜなら、英語を習得するために単語を覚える事から入った場合は、知っている単語の発音を再度矯正しなくてはいけないからです。

 通常の英語教育を経験した人が苦戦するのが発音です。どんなに単語の意味を知っていて書けても、正しい発音ができないと実践の場で使い物にならない場合もあります。ですから、知らない単語であってもリスニングから入るのが一番効果的です。リスニングによって知った単語のスペルを後から練習すれば、発音の練習という手間が省けます。

スピーキングは繰り返しが大切

 英語のリスニングを学習したあとにすることは、スピーキングです。リスニングによって聞いた事を、オウムのように何度も繰り返すという事が必要です。ひたすら繰り返すことで、その英語が自分のものになっていきます。

 連語の発音などもネイティブに近づけることで、カタカナの発音ではなく英語としての発音が出来るようになっていくはずです。これも英語のネイティブの子供が英語を覚えていく過程と同じなのです。

英語を習得する過程で最後にすること

 英語のリスニングとスピーキングを十分に練習したら、その英語の知識を今度は英語で書くという作業にうつります。この時に初めて、単語のスペルなどを覚え始めるのです。

 知っている音の単語を書くのは比較的簡単です。例えば日本語で「あ」という発音の音を英語では「a」や「 u」で表現しますが英語ではこれら二つの音は違う発音です。しかし、発音を知っていればおのずとどちらのアルファベットが使われている単語なのかというのも分かってきます。また、書くという作業と共に英語を読むことも併せてするようにしましょう。リスニングとスピーキングで英語のイントネーションをすでに知って入れば、英語を読むという学習もさほど難しく感じないと思います。

 このように、英語を習得する際は3つの過程で勉強するのが効果的です。本格的に英語の力を身につけたいと考える人は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する