1. 英語習得の期間を驚くほど短くするために知っておきたいたった一つの練習方法

英語習得の期間を驚くほど短くするために知っておきたいたった一つの練習方法

英語習得の期間を驚くほど短くするために知っておきたいたった一つの練習方法 1番目の画像

 諸外国に比べ、日本人の英語力は低いと言われている。

 しかし、きちんとポイントを押さえれば、短時間で英語を身につけることは可能だ。

 本記事では、英語を短い期間で実践で使え、「英語がデキる」と周りに思わせるようになるためのヒントを紹介したい。

短期間で英語習得するには

 短期間で英語を習得するには、英語を使うことが大切になる。

【短期間の英語習得法】英語を使う環境に身をおく。

 英語の習得には、実際に学んだ英語を使う環境に身をおくことが大切になる。最終的には積極性が必要になるのだ。

 勉強方法はさまざまだが、英語を習得するには最終的に会話で実践する必要がある。

 ただし、英会話ができる場所に行き、話すタイミングを見いだせず、聞き役に徹してしまうことは避けたい。

 わかっていてもなかなか思ったタイミングで英語が口から出てこないかもしれない。回数を重ねれば、英語も話せるようになるはずだ。

短期間で会話の基礎となるセンテンスを練習する

 短期間で英語を話せるようにするには、以下の練習法が有効だ。

【短期間の英語勉強法①】パターンで覚える

 まず、日常会話で使えそうな文章を何パターンか用意し、それを繰り返し音読し丸暗記する。

 例えば、「What did you do yesterday?」(昨日何をしたの?)といった文章がある。

 その文章を何度も読むことで、頭に入れていくのだ。

 頭に入ったら、実際に使ってみよう。

【短期間の英語勉強法②】レパートリーを増やす

 次に、上記で用意した文章を実際に違う方法で使ってみる。

 例えば、yesterdayをlast weekにしてみる。

 または、少し応用で「What did you do when you broke your mother's vase?」(お母さんの花瓶を割ったとき、あなたはどうしたの?)という文章を組み立てることもできる。

 さまざまな場面で応用することで、レパートリーを増やしていきたい。

 上記の2つを繰り返すことで、ただ英語を勉強するよりもずっと効率的に使える英語の習得ができるのだ。



 国際化へのモチベーションの上がる中、仕事をしながらの英語学習をすることは難しい。

 限られた時間の中で、なるべく効率的に英語習得ができるよう、本記事で紹介した勉強法を適用してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する