1. 面接で相手の話の内容を聞くときに知っておきたい2つの重要なポイント

面接で相手の話の内容を聞くときに知っておきたい2つの重要なポイント

 面接で面接官の話の内容をしっかり聞く際に重要なこととして、目を見て話を聞くことと相槌を打つことがあげられます。この2点に気をつけることで相手にもいい印象を与えますし、自分も緊張をほぐししっかり話の内容を理解することができるでしょう。今回はこの2点について説明したいと思います。

目を見て話を聞くことについて

 目を見て話を聞くことは相手にいい印象を与えることができます。また、「目は口ほどにものを言う」という慣用句があるように、目を見れば相手が言いたい事が理解できます。相手の目をみて話を聞くことは話を理解するためにも大切になのです。

 面接の際、面接官は多数いることもあると思います。その時は多くの場合、話している人ではなくそれ以外の面接官が態度や話し方を見て評価していると思っていてください。その際に相手の目を見て聞いていないことでが、内容も把握しないままに応えているなどの印象を与えてしまうこともあります。そんなマイナスイメージを与えないためにも、聞く体制としてお話されている方の目を見て受け答えしましょう。

 また、面接では緊張はつきものです。そのような時でも目線はきちんと面接官に向けることが必要になります。どうしても目を見ることができない時は、相手の鼻の頭を見るようにすると思います。目線を下に下げることだけは避けるようにしましょう。

面接で相槌の大切さ

 面接の際に聞く体勢として大切なのは相槌です。相槌を打つことで話の内容をしっかり理解しているなという印象も与えますし、入社してもしっかり話を聞いてくれそうだと思ってもらえます。相槌を打つだけで相手からの印象は大きく変わります。相槌を打つ時にはただ口で「はい」などと言うだけではなく大きくうなづいたり動作も活用するようにしましょう。

 面接を受ける時は、自分が相手にどのような姿勢で話を聞いてほしいか、話の内容を理解してほしいかを考えるのが良いと思います。目線も合わず返事もしない、相槌も打たない人では、話をきちんと聞いているのか不安になります。面接だからといつもと違うテクニックを使おうとするのではなく、普段の会話の延長にあるという意識で臨んでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する