1. 忙しいビジネスマンが英語を学習する為に必要な時間を捻出する方法

忙しいビジネスマンが英語を学習する為に必要な時間を捻出する方法

by Arjan Richter
 英語を学習したいと思っているけど、仕事の時間的に難しいとあきらめている方は多いのではないでしょうか。仕事や日常生活を見なおしてみると、意外に勉強をすることができる時間は多くあります。ここでは、ビジネスマンが英語の学習に必要な時間を捻出する方法を紹介したいと思います。

通勤時間を利用する

 多くの人が、電車や車で通勤すると思います。この時間を有効活用して勉強するという手があります。たった状態で読み書きをすることは難しいので、リスニングの学習をすると良いでしょう。音楽プレーヤーやスマートフォンに英語のリスニング問題のデータを入れておき、それを聞く事により英語の学習をする事ができます。

出勤前の時間を利用して学習

 少し早く出て、カフェで学習するという方法もあります。朝は気持ちもリフレッシュした状態であるので、頭に入りやすいという利点もあるのではないでしょうか。

 また、通勤前の時間に学習すると、頭がしっかりと起きた状態で仕事を開始できるため、終わる時間も早くする事も出来るので、無駄な残業なども減らす事ができ、学習時間を確保する事に繋がっていくことが期待できます。

昼食時の時間を利用する

 昼食は1時間ほど時間がありますが、これを利用する事で学習時間を確保する事ができます。1時間昼休みがある時には、最初の30分を食事を取りながら勉強をして、その後少しの昼寝をする事によって、記憶の定着に繋がり、学習効果が非常に高くなります。


 このように忙しいビジネスマンであっても、英語の学習時間を確保する方法は多くあり、時間を効率良く利用する事で時間を捻出する事が出来るようになりますので、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する