1. 面接の自己紹介で話すべき3つの内容——転職者のための面接テクニック

面接の自己紹介で話すべき3つの内容——転職者のための面接テクニック

 転職の面接において、自己紹介で話すべきことはどのような事でしょうか。それを知るには、面接官が何を聞きたいと思っているのかを知っておくことが大切です。新卒と転職者では、採用する理由も問われる能力も違います。そして転職者は何よりも「なぜ転職することにしたのか?」という理由を聞かれるのです。それらを踏まえた上で、自己紹介で話すべきことを挙げていきたいと思います。

経歴に加え、何を身につけてきたのかを伝える

 自己紹介では、まずこれまでの経歴を簡潔に話します。例えば「どんな業務に携わってきたのか?」「そこでどのようなことを成し遂げてきたのか?」といったことです。ここもアピールポイントの一つなのです。面接で知りたいことは「どのような能力を持っているか?」ですので、面接官は経歴からそれの情報を読み取ろうとします。

 また大切なポイントは2つあります。1つ目は、「それらの業務を通じてどのような事を学んだのか?」ということです。会社は成長する人材を欲しいと思っているため、どんなことからでも、何か吸収できることは大きなアピールポイントになります。そして2つ目は「最後までやり遂げる忍耐力」です。転職者を採用する際、企業が気にするのは、「何かあれば辞めてしまうのではないか?」という不安です。それを払拭するためにも、忍耐力を伝えることが極めて重要です。

実体験を新しい職場でも活かせることを伝える

 これまでの業務において、「どのようなことに力を注いできたのか?」を伝えるとともに、それを新しい職場でも活かせることを伝えることは必要です。転職とともにスキルが途絶えるのではなく、ステップアップしていくという印象を与えることが出来るということを伝えると良いでしょう。

転職の理由はスキルアップであることを伝える

 転職の面接において、自己紹介で最も注意すべきは「転職理由」です。前職に対しての不満などは述べるべきではありません。それは、新しい職場においても抱く可能性があるからです。そのようなマイナスのイメージとなることではなく、プラスのイメージとなることを話します。

 例えば「これまでの経歴を活かしてどのようなことをしたいと思っているのか?」「どう自分のスキルを上げていきたいのか?」ということです。そして、新しい職場でどう自分の能力を発揮し、何を学びたいと思うのかを伝えることが大切です。また「なぜ、この会社を選んだのか?」を聞かれた場合は、その会社の魅力だけではなく、これまでの経験とその会社に繋がることを伝えられると、尚良いでしょう。

 転職者に対するイメージというものは色々あると思いますが、それらをプラスに置き換えられるように、自分なりに話す内容をまとめておくことが重要なのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する