1. 企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

 企業の多くが、現在就職活動をしている学生をターゲットに人材の確保を行おうとしていると思います。中には優秀な学生を得ようと、大学4年生にもなっていない学生を採用しているところもあるでしょう。ここ最近、企業の中にはFacebookを活用した採用活動が広がっています。今回は採用活動、特に学生採用でFacebookを活用したときのメリットをご説明します。

企業と学生の間で起こる不一致を防ぐ

 入社して数年で退職されてしまう方の特徴として、思い描いていた企業像とかけ離れていたということがあげられます。それを防ぐためにもFacebookを活用することをおすすめします。現在、学生の殆どがFacebookを活用して情報を発信したり得たりしています。Facebookを通じて学生とコミュニケーションを取ることができ、相手のことを知ることも相手に自分たちのことを知ってもらうことも容易にできるのです。

 この時に、自分の会社で働くとどういう1日が待っているのかなど、具体的に学生が働いてからの姿をイメージできるようにしておくことで、企業に対するイメージと入ってからの差を縮めることができます。

企業にどのような人がいるか鮮明にすることができる

 仕事の内容や1日の活動だけでなく、どのような人が働いているのかということも簡単に発信することができます。今どのような人がリーダーでどんなプロジェクトを動かしているのか、またそれぞれがどのような資格を保有しているのかなどを鮮明にすることで、受けにこようとしている学生にアピールすることができます。

 配属された際に上司になりそうな方々を紹介するのも良いでしょう。学生が入社して一番心配になるのが上司や教育係の方々です。そのため事前にもし就職されましたらこの方が上司、もしくは教育係として貴方をサポートしますということをFacebook上で伝えることで、よりその企業を身近に感じてくれるのです。

 以上がFacebookを活用した採用活動となります。Facebookを活用し、自社はこのような状況ですと言うことを鮮明に表すことで学生も安心して受けに来ます。まだFacebookを採用に活用していない企業もぜひ一考してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する