1. 【社内ガイドラインの策定も効果的】企業がソーシャルメディアの利用で生じるリスクを減らす方法

【社内ガイドラインの策定も効果的】企業がソーシャルメディアの利用で生じるリスクを減らす方法

 ソーシャルメディアは近年急速に普及してきており、何かしらのソーシャルメディアを利用しているという人は多いでしょう。本来、そのようなソーシャルメディアの利用は個人の自由ですが、軽率な投稿はその人の人生を大きく左右させる上に、在籍している企業の社会的信頼までも失墜させる可能性がありますので、何らかの対策を取っておく必要があります。

1. 企業がアカウントを管理する

 SNSはあくまでプライベートで使うことが主な目的ですが、炎上のリスクを回避するために、企業側が個人のアカウントに一定の規制をかけるという方法もあります。そうすることで、リスクの伴う投稿を一旦管理者の目を通して行えるのです。SNSは複数アカウントを作ることができるので、全てを防ぐことはできないかもしれませんが、少なくとも社名や個人名を記載したアカウントはそういった管理を設けるというのも一つの手段と言えるでしょう。

2. 社内ガイドラインによる教育という方法

 ソーシャルメディアの利用を禁止しても利用する可能性があるのであれば、正しく利用できるように教育するという方法も有力なものと考えられます。社内ガイドラインを定めることによって、どのような投稿は控えるべきなのか、ということを教育することができれば、軽率な投稿に対するリスクは軽減できます。差別的な内容や他人のプライバシーを侵害する内容など、発信してはいけない内容をまとめるなどして、社内ガイドラインを定めると良いでしょう。

 当たり前と感じるようなことであっても、しっかりとガイドラインの中に記述することが重要です。自社の中にソーシャルメディアや情報技術に関する知識に秀でている人がいなければ、外部の機関に相談するという方法もあります。ただし、ガイドラインを定めて定期的な教育を繰り返したとしても、リスクがゼロになるわけではありません。しかし、万が一リスクが現実となった時であっても、ガイドラインが存在していれば、企業は積極的に防止するように取り組んでいたと世間に主張できるので、社内ガイドラインを定めておく意義があるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する