1. IT起業のメッカ・シリコンバレーに根付いている独特の文化

IT起業のメッカ・シリコンバレーに根付いている独特の文化

 シリコンバレーとは、アメリカ・カリフォルニア州のベイエリア(サンノゼ、サニーベール、マウンテンビュー、サンタクララ)地区の通称名です。シリコンバレーには多くのIT企業が集結しており、それは企業側にとっても自社ステータスの象徴となっています。

 シリコンバレーには多くの日本企業も進出しています。ここでは、シリコンバレーに根付いている独特の文化に関してご紹介します。

多国籍人材の宝庫

 シリコンバレーの多くの企業には、全米や世界各国から高い志をもって集まった選りすぐりの優秀な人々が数多く働いています。カリフォルリニアは「人種のるつぼ」とよばれることから、多国籍な人々が集まりやすい環境なのです。

 そのため移民の受け入れ姿勢も寛容であることから、各企業で様々な国の優秀な様々な人種を雇用しやすい環境だと言えます。中でも、多くの企業では技術者や研究者など優秀な人材を雇用することに一番重きをおいています。国籍に関係なく優秀な人材を雇う際のハードルが低いということが、シリコンバレー独特の文化の1つなのです。

企業間でイノベーションを起こそうという姿勢

 通常は企業同士が対立し、技術や利権を内部情報とし互いの利権を守ろうとする傾向が強いです。しかしシリコンバレーでは、先進的で優れた企業が集結しているにも関わらず、企業間で情報を共有し互いにイノベーションを起こしていこうという姿勢が強く見られます。

 大手からスタートアップのIT企業、ハイテクノロジー企業など様々な会社から成り立ってる地域ですが、相互に協力しサポートするシステムが出来上がっていることは、シリコンバレー独特の文化と言えるでしょう。このような文化は、世界においても先進的なビジネススタイルだといえます。新時代に向けて、シリコンバレーのような地域や文化が増えることで、更により良い未来が築けるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する