1. 仕事で必要最低限のコミュニケーションが取れるレベルの英語を身に付ける方法

仕事で必要最低限のコミュニケーションが取れるレベルの英語を身に付ける方法

 仕事を進めていく中で、皆さんの前に大きな壁が立ちふさがる場合があります。それがビジネス英語です。日本国内のお客様を相手にしている企業であれば特に問題はありませんが、中にはグローバル化の波に乗って海外へ進出していく企業もあります。その場合、商談や会議の場では自然とビジネス英語が必要となってきます。しかし、いざビジネス英語を学ぼうと思っても時間も無ければお金も無いためどうすれば良いのかと途方にくれている人が多くいます。ではどのようにして英語を身につければ良いのでしょうか。

中学生の英語を覚える

 書店に一度ぐらいは皆さんも足を運んだことがあると思います。そこでぜひ中学生レベルの書籍を購入しましょう。理由として、ビジネス英語やビジネス上で使用するコミュニケーション程度であれば中学生レベルで問題はないからです。その中でまず覚えておきたいのが疑問系です。疑問系を覚えなければ商談の際にも質問ができませんし、会議の場ではただ単にいるだけの存在になってしまいます。

 例えば話した人に詳しく聞きたい場合も疑問系は必要になってきますし、商談の際にはお客様から必ず質問をされるのでその文言を聞き取れなければ商談が成り立ちません。

 書籍もできるのであれば500円ぐらいのではなく1,000円から1,500円ぐらいの実用書クラスの書籍を選ぶようにしましょう。どうしても500円程度のものだと「会議に必要な英語」や「商談の際に必要な英語」のように区切られている可能性があります。ビジネス英語からコミュニケーションまで満遍なく行いたいのであれば、上記の値段のする本を購入しましょう。

スカイプを利用して海外の人と会話をする

 皆さんはスカイプと言うサービスをご存知かと思いますが、そのスカイプも必要最低限の英語を学ぶことができます。特にコミュニケーション英語の場合はこちらが最も良いでしょう。理由として、一般の海外の人と会話をすることができるからです。講師の場合だと日本人に合わせてゆっくりと会話をしたり、仕事上で使用する英語も聞きやすいように発音をします。しかし、ビジネスの現場では決してそのような甘い英語では通用しません。

 スカイプであれば、一般の人のネイティブな発音と会話が聞けるので家にいながら学習することができます。また仲良くなれば、ビジネスで使いたい英語があると言えば快く教えてもらえます。そして何よりスカイプを利用するのは基本無料なので、家にいながら個人レッスンを受けることが出来ます。


 最後になりますが、仕事で使える必要最低限のコミュニケーションが取れるレベルの英語を身に付ける方法として上記の方法があります。現在であれば別段スクールに通わなくとも無料で英会話を楽しめる場もあります。皆さんが勉強しやすい、もしくは身に付きやすいと思える方法を探してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する