1. 【出来ていない人も意外と多い】面接で自分の話す内容に「熱意」を持たせる方法

【出来ていない人も意外と多い】面接で自分の話す内容に「熱意」を持たせる方法

by Ian Sane
 面接において、熱意を伝えることは非常に大切です。熱意の有る無しで、面接の印象はかなり変わってきます。ただし、その熱意も根拠があるものでなければ、なかなか上手く伝わりません。ここでは、面接で自分の「熱意」を上手く伝える方法を紹介していきたいと思います。

とにかく自分が話す内容に自信を持つ

 面接において最初に伝えることは、これまでの経歴でしょう。まずは、この経歴におけるアピールポイントを相手に伝えます。その際、ポイントがあります。とにかく自信を持つこと、そして相手に伝わるような話し方をするということです。どのようなことを行ってきたのか、そしてどのような能力が身についてきたのかを、なるべく具体的に語っていくのです。

その会社で「やりたいこと」を存分に語る

 自分が話す内容を熱意を持って伝える上で一番大事なことは、面接を受けているその会社でどれだけの仕事ができるのかを伝えることです。とにかく自分の意気込みを語るのです。ここで効果を発揮するのが、先ほどの経験から裏打ちされた自分の能力に対する自信です。その能力をもってどのように仕事に取り組みたいのか、これからさらにどのように自分を高めていきたいのかを、熱意をもって語るのです。

質問には誠実さをもって答える

 自己紹介が終わったあとは、色々と質問を受けると思います。そこでも熱意を伴った受け答えが必要ななのですが、その際に意識しておくことがあります。まず、きちんと質問を聞くこと。聞くという行為でも熱意は伝わります。真剣に聞いているのかどうかを面接官は意外と見ているものです。話すだけ話して相手の言葉をきちんと受け止めないというのはよくありません。そして、その質問に対して誠実に答えることです。

 会社にとって欲しい人材は、常に上昇志向を持った人です。それを念頭において、自信を持って誠実に受け答えをする。それが、面接において熱意を上手く伝えるコツと言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する