1. 日々の記録により英語力が上達する日記を使った学習法

日々の記録により英語力が上達する日記を使った学習法

by jessgrrrr
 効果的な英語の勉強法の1つとして、英語で日記を書くという方法があります。英語で日記を書くことで様々な学習上のメリットを得ることができるでしょう。ここでは、英語で日記を書く勉強法のメリットと方法を紹介したいと思います。

英語で日記を書くメリット

 英語で日記を書くメリットは大きく分けて2つあります。まず1つ目として、英語に触れる習慣を付けることができるということが挙げられます。毎日日記は書くものですから、継続することで力が蓄えられるのではないでしょうか。

 2つ目は、英語の文法を学ぶことが出来るということです。日記では、時系列が基本的に過去になりますし、登場する人物も多種多様になるでしょう。そのため、書いているうちに時制や、英語の文法についても学ぶことができるのではないでしょうか。

英語で日記を書く方法

 まずは実際に英語で日記を書いて見ましょう。最初は1行や2行でもかまいません。どうしても文が思いつかない時は、日本語で文章を考えてからそれを英語に戻すようにしましょう。わからない表現を調べて覚えていくうちに英語の表現や文法が覚えられるようになるでしょう。

 英語で文章がある程度書けるようになったら、今度は日本語に頼らないで日記を作成しましょう。日本語を介さないで英語文を作るという作業は英語で会話するのを上達させるキーとなります。日本語を英語にするという作業をせず、英語で考え、英語で表現する癖をつけましょう。


 ここでは、英語で日記を書くことで得られるメリットと日記を書く方法を紹介しました。英語で日記を書くことと文法の勉強に慣れてくれば、もっと、長い文を正しい文法で書く事ができます。焦らず、最初は間違っても良いので、英語で日記を書くということだけを目標に続けてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する