1. 中小企業がFacebookを活用することで得られる効果

中小企業がFacebookを活用することで得られる効果

 SNSを利用する人は年々すさまじいスピードで増えています。それらを代表するものがFacebookです。Facebookはリアルタイムで情報を発信したり、写真をアップロードして共有することが可能となっています。

 企業の中にもFacebookを活用する流れがありますが、やはりまだまだ大手企業が中心で中小企業で上手く活用できているところは少ないのではないでしょうか。では、中小企業にとってFacebookはどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

企業が何を扱っているのかを理解してもらえる

 大手の企業は特に苦労しなくても既にメーカーのブランドがあるので、新商品を発表すればそれなりのメディアなどで取り上げてもらえます。しかしブランド力の薄い中小企業が宣伝に力を入れようと思ってもなかなか難しいはずです。

 そこで利用するのがFacebookです。例えば、○○の商品を発売しましたと紹介して、それがいったい何の役に立つのかを詳細に発信します。するとFacebookを商品検索のために使っていない人の目にも簡単に写るようになります。要するに、簡易的な広告効果を得ることができるのです。

店舗経営の場合のFacebook活用法

 店舗を経営されている人でもこのFacebookを上手に活用すれば得られる効果は大いにあると思います。リアルタイムで現在の情報を伝えることができ、そのときに行っているキャンペーンをオンライン上で宣伝できるのです。

 また、来店してもらった顧客に対して優遇措置をとればその情報を拡散してもらえる可能性もあります。さらに、SNSでは顧客とのやり取りが直接行えるので顧客が何を求めているのかという情報収集媒体としても使うことができます。


 以上、中小企業がFacebookを活用することで得られる効果を紹介してきました。大手企業と比べるとリソースに限りのある中小企業ですが、Faebookは低コストで利用することができるので、まずは一度活用してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する