1. 【日本の企業にも取り入れたい!】シリコンバレーに根付いている独特の文化

【日本の企業にも取り入れたい!】シリコンバレーに根付いている独特の文化

 「シリコンバレー」とは、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコの南側に位置するベイエリア(サンノゼ、サニーベール、マウンテンビュー、サンタクララ)地区の通称名です。シリコンバレーには、多くのIT企業本社が集結していて、それは企業側にとっても自社ステータスの象徴となっています。最近では、多くの日本企業も進出しています。これから、シリコンバレーと呼ばれる由来とシリコンバレーに根付いている独特の文化に関して、いくつか説明していきます。

シリコンバレーと呼ばれている理由

 シリコンバレー地域は、多くのIT企業、ハイテクノロジー企業が集結しています。そのような通称名が付いた理由として、もともとシリコンバレー地域に設立されたスタンフォード大学のノーベル賞学者が、半導体の研究所をその付近に作ったことから始まったと言われています。その後多くの半導体産業が発展し、半導体の素材であるシリコンにちなんで、その地域(盆地)はシリコンバレーと呼ばれるようになりました。

シリコンバレーの独特の文化①

 シリコンバレーの多くの企業に働く人材として、全米、世界各国から選りすぐりの優秀な人材が多く働いているのは確かです。カリフォルリニアの特徴でもある「人種のるつぼ」ということが非常にメリットになっており、移民の受け入れ姿勢も寛容なため、各企業で、優秀な様々な人種を雇用しているという状況です。優秀な技術者、研究者など優秀な人材を雇用することに一番重きをおいていると考えられます。

 デメリットとしては、人口も人種も多いのですが、アメリカ人以外の人種の労働ビザ、永住権などの取得不可能だった場合は、どんなに優れた人材でも雇用ができないということです。

シリコンバレーの独特の文化②

 シリコンバレーのような先進的で優れた企業が集結したところでは、企業同士で情報を共有し、それぞれが協力しあって製品、技術、サービスなどを向上させ、更なる発展とより良い未来のために、お互いが一緒に突き進んでいくという傾向が見られます。大、中、小のIT企業、ハイテクノロジー企業など様々な会社から成り立ってる地域ですが、相互に協力し、サポートするシステムが出来上がっていることは、その地域の独特の文化と言えるでしょう。


 シリコンバレーの独特の文化は、世界においても先進的なビジネススタイルだと考えます。これからの新時代に向けて、シリコンバレーのような地域、文化が増えることで、更により良い未来が築ける可能性もあるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する