1. シンガポールで起業した際に受けることのできる支援とは

シンガポールで起業した際に受けることのできる支援とは

 シンガポールでは、起業の際のバックアップ体制が非常に整っています。そのため、世界で最もビジネスをしやすく、アジアの中でも競争力の高い国と評価されています。 では、シンガポールでは具体的にはどのような支援が設けられているのでしょうか。

【1】助成金と税の優遇措置について

 シンガポールでは、設備、技術、事業開発、R&D、知的財産、産業開発、本社機能管理など、様々な分野で投資家に対する税の優遇制作を提供しています。また、「SPRINGシンガポール」では、融資や能力、経営開発、技術革新など、マーケティングに対する数々の支援制度を設けています。シンガポールは世界で最も法人税が低いため、その恩恵を受けられます。移住起業については、二重課税の帽子や外国所得に対する免税、新設企業に対する免税などの優遇措置もありまので、是非利用しておきたいところです。

【2】政府機関による支援

 シンガポールは政府機関運営がスムーズであり、企業が成長しやすいような環境を確立しています。例えば経済開発庁は、投資家や企業の為に価値あるソリューションを立案、企画、実現し、シンガポールの経済構築を支援しています。また、上記で触れたSPRINGシンガポールでは、マーケティングに関するサポートを実施する以外にも、全国の規格団体や認可団体としての役割も果たしており、企業開発機関として認知されています。そして、貿易産業書の参加である国際企業庁では、シンガポールをアジア地域における外国企業の事業拡大の基点に位置づけられるようにと、起業と協力して取り組んでおり、 シンガポールにおける対外的な経済分野の開発を率いる努力も行っています。

  
 会社起業規制庁であるACRAの役割は、コーポレートガバナンスの施行に関する情報を提供、 新規のビジネス構造やコンプライアンスなどの情報も発信しており、企業や公認会計士の登録、規則を監視する役割もあります。シンガポール情報通信開発庁では、シンガポールの世界的な経済競争力を高めていくため、外国人投資家にとって魅力的な情報通信業界を育成に取り組んでいるようです。情報通信技術の開発や、配置展開、利用などを通じ、GDPの成長をもたらすような戦略を練っているのです。他にも、政府の支援機関はメディア開発庁シンガポール通貨庁など、様々なものがあります。これらの組織の支援を上手く活用することで、活気ある企業に育てていくことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する