1. 【履歴書の書き方】履歴書に記入する資格取得日がわからないときの対処法

【履歴書の書き方】履歴書に記入する資格取得日がわからないときの対処法

【履歴書の書き方】履歴書に記入する資格取得日がわからないときの対処法 1番目の画像

 履歴書に書きたい資格を取得した日付がわからない……!

 何年前に取得したかまでは覚えていても、取得した日付まで記憶している人は僅かだろう。

 そこで今回は、履歴書の資格欄に書きたい資格の取得日がわからないときの対処法について紹介したい。

【履歴書の書き方】資格取得日が分からないときの対処法

【履歴書の書き方】履歴書に記入する資格取得日がわからないときの対処法 2番目の画像

 いざ履歴書の項目を埋めていこうとすると、履歴書の資格欄にある取得年月日の項目で一度手が止まってしまう。

 履歴書に書き込みたい資格があるものの、資格取得証明書を持ち合わせておらずに取得日がわからない場合は「取得年月日の項目を空白にして提出」するという対応をしてほしい。

「資格取得証明書」がないときは、履歴書の取得年月日の項目を空白にして提出

 資格取得証明書は「資格取得時にもらえる書類」である。

 とはいえ、10年前や20年前に取得した資格取得証明書を持ち歩いている人は少ないだろう。

 資格取得証明書が見つからなくて取得日がわからない……という人は、取得年月日の項目を空白にしてOKだ。

 せっかく取得している資格があるにも関わらず、履歴書に明記しないのはもったいなことである。

 資格名のみ記入し、資格を取得していることをしっかりアピールしよう。

履歴書に国家資格を明記する場合は、空白にするのはNG!

 国家資格の場合(医療や介護資格など資格を持たないと業務に携われない場合)は、取得年月日の欄を空白にするのはNGだ。

 資格証明書のコピーなどを企業に提出する事が義務づけられているためである。

 国家資格保有者で資格証明書を紛失してしまった人は、資格証明書を再発行し、手元で保管し、国家資格の年月日は必ず記載しよう。

【履歴書の書き方】資格取得年月日を空白で提出する場合の対処法

【履歴書の書き方】履歴書に記入する資格取得日がわからないときの対処法 3番目の画像

履歴書の資格取得日を空白にしたときの対処法①:自己PR欄や送付状に一言添える

 履歴書の資格取得日を空白にした場合、履歴書の自己PR欄や送付状に何か一言加えてみるのもいいだろう。

 取得したのが数年前に遡る資格であれば、企業からの理解してもらえるはずである。

履歴書の資格取得日を空白にしたときの対処法②:面接のときに口頭で伝える

 より丁寧に、慎重に対応したい場合は、面接時に口頭で付け加えるのもいいだろう。

 基本的にはやはり、履歴書には空欄がないほうがいいものである。

 もしどうしても日付がわからない場合は、面接時に「資格取得した日付がわからなかったため、空白にいたしました」などと伝えておくと丁寧だろう。


 自己PRなどに力を入れがちだが、履歴書の資格欄は必ずチェックするものだ。

 履歴書に空欄がないほうがいいとはいえ、どうしても取得日がわからない場合は仕方がない。

 履歴書の資格取得日の項目だけ空白で提出したときは、取得日がわからない理由を説明して、理解を得ることが大切である。

 履歴書といえども小さな気配りを忘れずに、企業に丁寧な印象をもってもらおう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する