1. 楽しみながら音楽を聞いて英語を上達する方法

楽しみながら音楽を聞いて英語を上達する方法

by yto
 英語の得意な人の中には、洋楽を聞く事が英語を好きになったきっかけだという人も多いと聞きます。音楽を聞くことは楽しいだけでなく、英語の学習にもとても有効な方法であるというのはよく言われることです。ここでは、音楽を聞きながら英語を上達する方法を紹介したいと思います。

1.英語を音楽から学ぶメリット

 音楽を聞くことが大好きという人はたくさんいます。好きな曲なら何度でも聞きたくなるのではないでしょうか。何度も聴いているうちに、すっかり歌詞を覚えてしまったという経験のある人も多いでしょう。このような「繰り返し」は英語学習のとてもよい手段になると言われています。こうした音楽の特性を生かして、英語学習に生かすことはとても有意義なことです。

 「ながら聞き」ができるのも音楽のメリットです。会話だけの教材を延々と聞くよりも、飽きずに続けることができます。

 洋楽をたくさん聞くと、無意識のうちに英語のナチュラルな発音になじむことができます。本来の発音を耳から叩き込むことができますから、自然と発音が上手になります。英語の発音はアクセントや抑揚などリズムの強弱が非常に重要ですから、そういった意味でも、音楽と一緒に学ぶことは有効なのです。

2.歌詞を利用して学習する

 音楽をただ聞くだけでなく、歌詞の持つ意味を知ることで、学習的な意義が出てきます。CDに付属している歌詞カードを見てもよいですし、インターネットで洋楽歌詞の検索サイトを使って調べることもできます。歌詞を覚えて曲を聞くうちに、耳から入る音と、目で見た単語のスペルなどが一致するようになれば、リスニングのスキルが向上したということにもなるでしょう。

 歌詞でわからない単語があれば辞書で意味を調べることも有効ですが、全ての意味を理解しようとすると、挫折することがあります。スラングが使われていたり、教科書通りの文法が使われていないこともあるので、簡単には意味を訳せないものも多いです。わかるところだけ楽しめればいい、とわりきることも時には必要です。一緒に歌うことで、英語の発音の練習になり、スピーキングスキルの訓練にもなります。


 ここでは、音楽を聞くことによって英語力を上達する方法を紹介しました。音楽を聞きながらでも学習する意識があれば、しっかり上達するので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する