1. 【履歴書の訂正を少なくするために】「はんこ」を押す時にミスをしない3つのコツ

【履歴書の訂正を少なくするために】「はんこ」を押す時にミスをしない3つのコツ

 履歴書は1枚作成するためには、大変な労力と時間がかかります。履歴書は面接官があなたの事を知る為の重要な書類であるため、誤字・脱字などがないよう細心の注意をはらって作成するべきです。しかし、最後の「はんこ」でミスをしてしまうという人も多いのではないでしょうか。ここでは「はんこ」を押す時にミスをしないコツを紹介していきます。

両方の手を使って押す

 「はんこ」を押す時、多くの人は片手しか使わないことでしょう。しかし、片手で押してしまうと「はんこ」がブレてしまう可能性が非常に高くなります。片手ではなく両手を使って押すようにすると安定して綺麗に「はんこ」を押せるようになるでしょう。

 大変な労力と時間をかけて作成してきた履歴書が最後の最後で作り直しとならないよう、片手で適当に押すのではなく両手を使って丁寧に押すことを心がけるべきです。

印鑑の頂上から力を入れる

 ミスなく「はんこ」を押すためには、印鑑の頂上から垂直に力を込めると良いでしょう。そうすると印影がこすれてしまったということも少なくなります。意外と知られていないテクニックですので、「はんこ」を押す時は適当に力を入れて押すのではなく、印鑑の頂上から垂直に力を込めて押すようにしましょう。

思い切りよく押す

 「はんこ」を押す時、失敗してしまったらどうしよう…という考えが頭を巡り、押すまでに時間がかかってしまうという人は多いのではないでしょうか。「はんこ」を綺麗に押すために必要なのは思い切りのよさです。余計なことは考えず、思い切って押すようにするとミスは少なくなるでしょう。


 以上、「はんこ」を押す時にミスをしないコツを紹介してきました。誤字・脱字なく履歴書を書き上げたにも関わらず、最後の「はんこ」でミスしてしまい、もう一度履歴書を作り直すということがないよう、ここで紹介したことを意識しながら「はんこ」を押すと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する