1. フリーランスの名刺に記載する肩書きはどうすればよいか?

フリーランスの名刺に記載する肩書きはどうすればよいか?


 フリーランスの人は、会社、組織に属していないため、自分自身で仕事を営業し、アピールし、得なければなりません。その際、準備するものとして、自分を売り込むために必要な仕事のツールである「名刺」は欠かせないものとなってきます。フリーランスの人の名刺に記載する情報として、名前、肩書き、連絡先(電話番号、FAX番号、Eメール、ホームページURLなど)、住所などが必要だと考えます。今回ここで説明するのは、「フリーランスの人の名刺の肩書き」についてです。自分の職種を記載するにあたり、中には迷う方もいるのではないかと考えます。フリーランスの人にとって肩書きは仕事を得るために必要なものなので、下記に重要と考えられる事項をいくつか記載していきます。

フリーランスの人における肩書きの重要性

 どの仕事をする上でも、肩書きは重要視される傾向があります。フリーランスは、どこの会社、組織にも属していないため、ノーブランドになるわけですから、「何をやっている人なのか?」ということが相手にとって一番重要になります。そこで肩書きを記載する必要性が出てきます。仕事を依頼してもらう相手に自分の仕事を伝えるには、自分がこれで良しとするものが一番望ましいのですが、相手が一目で見ただけで把握できるもの良いと考えられます。肩書きをきちんと記載した名刺を渡しておくことで、相手の記憶にも残りやすく仕事依頼の声がかかる機会も増えてくるでしょう。

フリーランスの人の名刺における基本肩書き

 フリーランスの人の名刺の基本肩書きとして、そのまま自分の職種を記載したり、「フリー○○(職種)」というように、フリーを頭につけて職種を記載するのが一般的だと考えます。名前だけではなく、必ず肩書きを記載することをお勧めします。

デザインを工夫してわかりやすくする

 フリーランスは、名刺も自由に自分の好みで作成可能です。肩書き部分やまわりのレイアウトで目立たせたり、デザイン性を重視したり、この人は何をしている人なのかという事を相手の記憶に残る工夫をして名刺を作成することをお勧めします。

 フリーランスの人にとって、名刺は仕事を得るための重要な仕事ツールです。名刺作成の際は、それをきちんと把握した上で、自分の仕事にふさわしい肩書き選び、自己をアピール出来るデザインを心がけて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する