1. 転職者が履歴書の志望動機を「うまく書けない」と思ってしまう理由

転職者が履歴書の志望動機を「うまく書けない」と思ってしまう理由

転職者が履歴書の志望動機を「うまく書けない」と思ってしまう理由 1番目の画像
by Zengame
 転職活動のため、履歴書を書いていて一番悩むものが志望動機ではないでしょうか。志望動機は自分で深く考える必要があり、簡単には作ることが出来ないものでしょう。ここでは、転職者が履歴書の志望動機を「うまく書けない」と思ってしまう理由を紹介したいと思います。

志望動機が書けない理由

 自分が何故、その会社で働きたいのか考えがまとまらないのが、理由の一つと言えるでしょう。また、絶対に受かりたい、自分を良く思われたいという気持ちが強くなってしまい、「上手く書きたい」と思ってしまうため、考えがまとまらなくなってしまうこともあります。自分としっかりと向き合い、「なぜ?」という問いを繰り返すことや、自分としっかり向き合うことで、志望動機は書けるようになるのではないでしょうか。

志望動機を書くために自分に問いたいこと

 志望動機を書けるようにするためには、自分自身に繰り返し質問をする必要があります。

・何故、選んだのか?
・そこの会社で何をしたいのか?
・何を学びたいのか?
・自分のスキルを活かせるのか?

 以上のことを明確にできれば、自然と志望動機が見えてきて文章化することができます。

書くことが出来るようにする為の改善策

 また、情報が足らず、なんとなく、とりあえず転職活動をしているという人も多いのではないでしょうか。企業の公式サイトや、ホームページを見て、自分と企業の理念はしっかりとマッチングしているのかどうか、会社の業務に自分のスキルは生かせるのかどうかを調べることから志望動機を書き始めるのもいいかと思います。


 ここでは、志望動機が書けない理由を紹介し、解決するための改善法をいくつか紹介しました。うまく志望動機が書けずに困っているという人はぜひ参考にしてみてください。

働きながらの転職活動なら「リクルートエージェント」

転職者が履歴書の志望動機を「うまく書けない」と思ってしまう理由 2番目の画像

 毎日忙しい仕事と並行して、一人で転職活動を進めるのは簡単なことではない。

 履歴書づくりや面接対策に行き詰まったら、プロの力を借りるのも手だ。

 株式会社リクルートが運営する「リクルートエージェント」は、仕事に追われるビジネスパーソンにおすすめの転職エージェントだ。転職成功実績No.1と、業界での評価も高い。

 土日祝日・平日20時以降も対応・電話相談を受け付けており、履歴書・職務経歴書の添削や年収交渉の代行も行っているなど転職者へのサポート体制が最大の魅力だ。

 また、転職に役立つ独自のコンテンツや面接対策セミナーも利用できるため、総合的に転職の助けになるサービスでもある。

 転職活動をやりぬくために、ぜひ「リクルートエージェント」に登録して相談してみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する