1. Facebook広告で企業の認知度をアップさせるための3つのポイント

Facebook広告で企業の認知度をアップさせるための3つのポイント

 Facebook広告とは、Facebookの右ペインに表示される広告のことです。Facebookを使っている人であれば、誰でも広告を配信することが可能で、Facebookで作成したイベントやFacebookアプリなどのコンテンツ、自分のサイトについても広告を掲載することができます。ここではFacebookの広告を使い、企業の認知度を高めるポイントについてお話します。

分類したキャンペーンを多く制作する

 Facebook広告では、必要であるユーザーに広告を優先的に見てもらう必要があります。「18歳以上のユーザー全てに配信する」というような、大まかな区分はコスト効率も低く、反応もあまり得られにくいため避けましょう。そのため、1つの広告あたり10万人以下になるように年齢、性別などで区分することで、費用の効率を高める事ができます。

「頻度」のページをチェックする重要性

 適切なユーザに広告をリーチすることができれば、Facebook広告の管理画面にある「頻度」という項目をチェックすることが必要になります。必要なユーザーに十分リーチをかけることができても、同じ広告は見せ続けないようにしましょう。そのため、ある程度同じバナーを利用したのであれば、古い広告を廃止するようにして、新しい広告を使用することが大切です。

強い印象を持たせるバナー作り

 インターネット広告においては、バナーのインパクトも重要なものとなります。そのため、バナーを作る際には指定されたバナーサイズのキャンパスで作成してしまうことは控える方が良いでしょう。「どのような意図でアイキャッチしてもらうか」などの点も考えることで、バナーの作成においても新たな見方で取り組むことができるでしょう。

 ここでは3つの方法を述べましたが、その他にも工夫次第でどんどん広告の存在感を出すことが可能です。Facebook広告を企業の認知度を高める為に効果的に利用していきましょう。初めての方でも試すうちに分かってくることもあるので、どんどんチャレンジしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する