1. 面接で日程変更を依頼するときの連絡について

面接で日程変更を依頼するときの連絡について

 書類選考を通過し一次面接の日程が決定して喜んでいたのもつかの間、急遽都合が付かなくなってしまった経験はありませんか?面接を受ける立場からの日程変更の依頼は気が引けてしまう方も多いですよね。しかし、誰にだって起こる事です。下記のポイントを押さえておけば心象を落とさず、日程変更依頼の対応も採用判断の一つとして評価してもらえる事もあります。ピンチをチャンスに変えて乗り切りましょう。

連絡のタイミングに注意する

 事前に都合がつかない事が判明した際は、すぐに採用担当者へ連絡をいれましょう。相手側の営業時間外の連絡は非常識となりますので、営業時間内にします。電話がつながらない場合や営業時間外であれば、まずは一報としてメールで日程変更の依頼をします。その後、返信が無いようであればメールでも送った事を伝え、必ず電話でも日程変更のお願いをしましょう。

理由をきちんと述べる

 日程変更の依頼や相談をする際には正直に理由を述べましょう。後ろめたさや心象を落としたくないあまり、特に事情を説明しない人もいますが何も言わずにただ謝罪のみでは企業側も不信感を抱きます。ちゃんとした企業であれば問題なく調整してくれるはずです。理由は素直にといっても常識の範囲内であるかどうか判断しましょう。ある程度の常識と体裁は保ちつつ、正直であることが大事なのです。

謝罪の言葉は心から伝える

 メールで日程変更の依頼をしてもいいのですが、出来るかぎり電話がお勧めです。文章のみだと、どうしても感情の伝わりづらい表現にとどまってしまい固くなってしまいます。「笑顔」ならぬ「笑声(えごえ)」などという言葉もききますが、電話は声に感情や心の温度を込められます。この時の印象次第では、採用判断のプラス材料になることもあります。

 面接の日程変更は、一見気まずく後ろめたい事のように感じますが採用担当者も人間です。誠意ある対応にはきちんと答えてくれます。日程変更の依頼をしなくてはならない時は、ピンチをチャンスに変えるぐらいの気持ちで誠意ある対応を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する