1. 面接で相手に好印象与える表情の作り方

面接で相手に好印象与える表情の作り方

 面接では自身のアピールからその企業に勤めたらこうしたいという自身の展望を説明する事になります。しかし、面接官は話している内容の他にも貴方をみています。それが表情です。表情からこの人はどのような性格なのか、もしくは本当か嘘かの判断しています。では、面接官に好印象を与える表情の作り方とはどのようにすればよいのでしょうか。

自然な表情を心がける

 表情が固かったり、もしくは面接官に対して敵意を示しているような顔つきで相手を見てしまう事があります。それでは相手に好印象を与えることはできません。そこで、もし面接に臨むと緊張してしまうという人は肩の力を抜き、同期や友人と話す時のような自然な表情で面接に臨むと良いでしょう。しかし、態度がだらけてしまったり時折ため口が出てしまってはマイナスポイントになります。程よい緊張を保ちつつ面接を臨むようにしましょう。

話す内容によって表情を変える

 面接によっては真面目な回答をする場合や、趣味や特技の話で面接官と本音で語り合う場合もあります。面接で相手に好印象を与える場合には、その質問ごとに表情を変えると良いでしょう。理由として、質問内容によって表情を変える事により面接官へ自分の性格を伝えやすくなります。表情1つで伝わるか伝わらないかが分かれる場合もあるので注意しましょう。


 面接で緊張するのは分かりますが、緊張のあまり顔の表情が固くなってしまったり、無表情になってしまっては相手に好印象を与えることはできません。面接の練習では上記の事を意識してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する