1. 転職希望者の志望動機でタブーとされるような文章や言葉

転職希望者の志望動機でタブーとされるような文章や言葉

by 246-You
 転職をする際の面接にはルールが有り、してはいけないような話があります。ここでは、転職希望者に志望動機としてタブーとされている文章や言葉をご紹介したいと思います。

前職の悪口を不満を言うこと

 転職する理由には色々な事情もあると思いますが、前職の愚痴や不満を志望動機としたり、話したりするのはタブーです。不満を理由に仕事を辞めたという事は、自分の会社に入っても同じことを繰り返すのではと思われてしまいます。それでは、面接も上手くいきません。不満があって辞めた場合でも、それを前向きにとらえて違う形で志望動機にしましょう。

教育してもらいたいという姿勢を示すこと

 研修制度が充実しているからなどといった、転職先で教育してもらいたいという姿勢を示すのもタブーです。転職者が求められているものは、会社を成長させてくれる姿勢です。受け身で自分が成長したいという理由は好ましくないでしょう。自分が何を経験して、この会社で何を出来るかを伝えるようにしましょう。

他社と受ける会社を比較するような話をすること

 志望動機として、業界最大手だからというような他社と見比べている話をするのもタブーです。それは会社の実績であり、自分がその企業で何に貢献できるかが伝わりません。また、自分の会社に興味があるのかも、何をしたくて希望してきたのかも伝わってきません。自分のどのような経験や知識を活かせるのか、会社にどのような貢献ができるのかを伝えましょう。


 ここでは、面接の志望動機でタブーとなる文章や言葉を紹介しました。あくまで自分目線で、前向きな内容を書くことが転職希望者の志望動機には求められるようです。タブーをしっかりと理解した上で志望動機を考えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する