1. 会社がビジネスプランや事業計画を考える3つの必要性

会社がビジネスプランや事業計画を考える3つの必要性

 事業計画は、会社を経営していく上で無くてはならないものです。そのため、綿密な計画を立てる必要があり多くの手間と時間を費やすことになります。ここでは、どうしてビジネスにおいて事業計画が必要なのかという基本的なことをご紹介していきます。

シミュレーションをするため

 事業とは多くの場合、発案者の思いつきから始まります。しかしその時点ではそのアイディアが事業としてうまくいくかどうかは分かりません。そのため、アイディアベースでビジネスとして展開してしまうと予想外のことが起きた場合に対応することができなくなってしまいます。

 事業計画を実際のビジネスのシュミレーションとして捉え、より具体性を持って考えて立てていくことであらゆる事態に対応するための準備をすることが出来ます。起こりうることをある程度想定内に入れておくことは事業を進めていく上でとても重要なことであるという点で、事業計画を立てることは必要なことであると言えるのです。

資金調達をするため

 事業を展開するためにはある程度の資金が必要です。そのためどこから資金を調達する必要が出てくるのですが、その時に事業計画書がないと投資家は自社の評価や見通しを立てることが出来ないので資金を調達することが出来ません。

 中長期的な事業計画を立て、投資家に対して提示することではじめて評価対象として審査してもらうことが出来るのです。それゆえ、資金面も含めた綿密な事業計画を立て提示する必要があります。事業拡大フェイズにおいて資金が必要だと思っている場合において、事業計画を立てる必要性が出てくるのです。

事業の方向性を共有するため

 事業の方向性は経営者だけが分かっていれば良いというわけではありません。その会社で働く社員も事業計画を知っていた方が仕事のモチベーションにも繋がりますし、方向転換もしやすくなります。

 そのためにはしっかりと事業計画を可視化して共有しなくてはいけません。事業計画を立て社員に共有することで、事業の方向性を社内で統一させることが出来るのです。言葉や文字にしなければ分からない内容も伝えることができます。

 以上3点より、事業計画を立てることは重要でありその必要性は必然的に出てくるのです。アイディアをしっかりと形にしていくためにも、以上の点を意識して事業を進めていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する