1. 面接で相手を納得させる志望動機の言い方

面接で相手を納得させる志望動機の言い方

by silence大恶魔
 面接で良い結果を得るためには、志望動機を述べるときに面接官を納得させる必要があります。論理的に間違っていたり、あやふやな志望動機では、面接官も納得してくれないでしょう。ここでは、面接において相手を納得させるための志望動機の言い方について紹介したいと思います。

本当にその企業ならではものは何か考える

 志望動機で相手を納得させるためには、その内容が他の企業でも代替可能なものではダメでしょう。この会社にどうしても入りたいという熱意を伝えるためには、企業の特色をかなり重要視する必要があるでしょう。

 企業独自の強みを徹底的に調べてみましょう。製品の特色や社訓、企業理念、社内の雰囲気などが調べる内容としては挙げられます。その企業にしかない魅力を見つけてしまえば、それは代替可能であるということにはならず、その会社でなければいけないということをアピールすることができ、説得力のある言い方ができます。

自分ならではのエピソードを加えて話す

 相手が納得しないのは、作り話や美談のように聞こえてしまうからかもしれません。自分ならではのエピソードを志望動機に盛り込むことで説得力は増すのではないでしょうか。その企業との関わり、商品やサービスを実際に使ってみた感想などを志望動機に組み込んでみるのもいいかもしれません。


 ここでは、面接で相手を納得させる志望動機の言い方を紹介しました。相手を納得させるには、相手、もしくは自分の特色を志望動機の中で活かすことが必要になります。ここで紹介した内容を参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する