1. 面接で聞かれる志望動機を的確に面接官に伝えるためのコツ

面接で聞かれる志望動機を的確に面接官に伝えるためのコツ

by Rodrigo_Soldon
 転職を希望する方は、志望動機をしっかりと考えているでしょうか?志望動機を述べようとすると、話が冗長になってしまい、言いたいことが伝わらないという悩みを抱える人も多いかと思います。ここでは的確に志望動機を伝える為のコツをお教えいたします。

志望動機を一言でまとめておく

 まず、自分にとって一番魅力だと感じる内容を言葉にして伝えましょう。志望動機が長くなってしまう原因は、話がうまくまとまらないからではないでしょうか。一言で言い表せる言葉を作り、それを中心に話を組み立てるようにすると、話が比較的まとまり、短く志望動機を話すことができるでしょう。

質問を誘うような志望動機にしておく

 面接での志望動機は、短くまとめておき、面接官の方から質問を受けて話を掘り下げていくことになります。こうすることで、自分で話を組み立てて展開しなくても、相手が話を展開してくれるので、志望動機を言うのが楽になります。相手の質問に沿って答えていくうちに、自分の話したい結論へと話が進んでいくでしょう。


 ここまで、面接時に的確かつ短い返答で志望動機を伝える為のコツをあげてみましたが、いかがでしたでしょうか?面接は自分をアピールするところではありますが、あくまでも自分と面接官との会話の上に成り立っていることを忘れないことがコツといえるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する