1. 事業をきちんと成功させるための事業計画の見直し方3つのポイント

事業をきちんと成功させるための事業計画の見直し方3つのポイント

by kennymatic
 経営者の皆様や、経営企画に携わる皆様にとって身近な存在である事業計画ですが、当初の計画が全て想定通り遂行できた経験のある人はいないでしょう。策定しただけで満足してしまい、成功したかどうかすら判別のつかない事業計画もあります。ここでは計画を成功させるために、事業計画の見直しの手法に着目していきます。

1.落とし込むことが出来る計画にする

 事業計画には年間や月間の売上目標が書かれている場合が多いでしょう。しかし、通常業務では、1日ごとの目標を立てる必要が出てきます。計画を1日ごとに振り返ることができる可能な単位にまとめたり、より容易な単位に変換する必要があるでしょう。

2.見直し時期やタイミングを決める

 事業計画の多くは、立てられた後に見返すことがなく、次の時期まで見直しをされないということも多くあるでしょう。毎月、特定の日を見直しのタイミングとして定め、事業計画通りに業務が進行しているかチェックする時間を設けると良いでしょう。見直しのタイミングは、可能であれば月初が望ましいですが、支払日等の繁忙な日を避ければいつでも構いません。見直しを妨げる要因は忙しさです。しっかり時間を設けて、事業計画を見直すようにしましょう。

3.第三者の視点を活用する

 近年では、コンサルタント業でなくても、税理士や会計士で事業計画の相談に乗ってくれる場合もあり、第三者に事業計画を見直してもらうことができます。事業計画をチェックする場合に利用してみるのも1つの手と言えるのではないでしょうか。


 ここでは、事業をきちんと成功させるための事業計画の見直し方を紹介しました。事業計画は掲げているだけでは意味がありません。見直しや計画の軌道修正を行い、経営に反映することが求められます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する