1. 迷いなく迅速に意思決定をするための方法

迷いなく迅速に意思決定をするための方法

by Hamed Saber
 ビジネスの意思決定では正しい判断をすることも求められますが、スピードも要求されることが多いのではないでしょうか。判断が遅れてしまうと、会社として致命的なダメージを受けてしまうことも少なくありません。経営者として、スムーズに意思決定をするにはどのような方法をとればいいのでしょうか。

リスクとリターンをすぐに把握する

 選択肢それぞれが持つリスクとリターンの規模や大きさをすぐに把握し、比較することで、リスクが小さくリターンが大きいものへと判断を下すことが出来れば速い意思決定に繋がります。選択肢が出てきた時に、まずは、どのようなリスクが考えられ、それによって会社はどのようなダメージを受ける可能性があるのかということ、リターンとして受ける恩恵はどれぐらいのものであるのかということをすぐ把握することが必要になります。

リスクへの心構えをしっかりと行う

 意思決定が遅れてしまう原因として、リスクに飛び込む勇気がない場合や、リスクを恐れて意思決定をするのをためらってしまうことがあるでしょう。損失を覚悟してのことであれば、迷いなく決めることができます。そして、意思決定のあとにアクシデントが起きたとしても、対応を迅速に行いリスクを最小限に留める事ができます。意思決定の際には、リスクを把握することと同時に、リスクへの対応策も一緒に考える必要があると言えます。そうすることで、リスクを恐れずに意思決定が行えるので、迅速な意思決定ができます。


 ここでは、意思決定を迷いなく迅速に行うための方法を紹介しました。ためらいや判断するときの基準を持ち合わせていないことが意思決定の速度を落とします。ここで紹介したような判断基準と状況把握を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する