1. 英語のリーディング速度を高めるためにまず押さえておきたい基本的なポイント

英語のリーディング速度を高めるためにまず押さえておきたい基本的なポイント

 ビジネスにおいて、英語で書かれた文章を読まなければいけないというシーンはあるのではないでしょうか。時間に限りがあるビジネスマンにとって、その時に必須となってくるのは英語を読むスピードです。

 教科書通りの英語をただ勉強しているだけでは、なかなか読むスピードは上がっていきません。英文を読んで理解して和訳するという3ステップの中には、単語の意味や文法なども関わってくるため慣れていない状態で早く読むことは難しいことです。ここでは、どのような勉強をすればリーディング速度を高めることが出来るのかということをご紹介します。

沢山の書物を読む

 小手先のテクニックに頼るより、まずは出来るだけ沢山の英文に触れる事が英文を速読するための1番の早道となります。1日に出来る限り多くの英文を何度も読みましょう。

 SSS英語学習法では、一年に100万単語読む事を目標とされているそうです。子供の頃に日本語の本も早く読めなかったように、英語も最初はゆっくりとしか読めなくて当然です。しかし、読み込んでいくうちにいつの間にか速度が上がっていきます。読む英文は児童書から英字新聞まで幅をもたせ、とにかく量をこなしましょう。ストップウォッチで測りながら読むと、その後のステップアップにも役立ちます。

細かい部分に気を取られない

 英語を読むときに時間を取られてしまうのが、いちいち細かい部分の訳に躓いたり文法で立ち止まってしまうことです。いちいち翻訳したり文法を確認しながら読んでいてはスピードも上がりませんし、速読の方法としてはふさわしくありません。また、単語で分からない言葉が出てきたらその都度調べるという事をせず読み進めてしまいましょう。意味の分からない単語が出てくる度に辞書を引くことも、余計な足止めにしかなりません。翻訳や分からない文法にこだわらずに、英語を英語として認識しながら読むことをおすすめします。

 そのときのポイントは、単語で読み進めずに範囲で読むようにすることです。そうすることによって、単語ではなく大きな文章の固まりで意味を捉えられるようになっていきます。分からなかった単語は読み終えてから調べても大丈夫です。また、漠然と英文を読むのではなく指で文字を追いながら読むこともおすすめです。目印となるものが出来ることで集中力がついて集中しやすくなります。

 以上が英文を速く読むときに必要な基本的なことです。今すぐできるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する