1. 正しい意思決定の選択に近づくために心がけたいポイント

正しい意思決定の選択に近づくために心がけたいポイント

by cyawan
 選択をして意思決定をする場面は、ビジネスの中で数多くあります。成功するビジネスは正しい選択、正しい意思決定をしていますが、正解は必ずしも分かっているわけではありません。よりよい影響を起こす意思決定の選択を行うためにはどのようなことに気をつければいいのか、これから話していきます。

勘に頼ることをやめる

 選択をするときにやりがちな間違いとして、自分の経験だけを参考にし、根拠の無い理由で意思決定を行ってしまうことが挙げられます。経験が生きることもありますが、データと反するような判断を下してしまう原因となることもあります。市場の変化に対応するために調査をし、数字を出すなどといった努力も必要です。自分の力に溺れることなく、データも参考にして意思決定をするようにしましょう。

そもそも論を使って判断の本質を見つける

 選択・意思決定をするときのミスとして、問題の趣旨とズレた判断基準で意思決定を行ってしまうということがあります。あなたが悩んでいる間に頭の中が混乱してしまい、少しでも自分の考えやすい方に、都合のいい方に事実を歪曲してしまっていることが原因と言えます。

 問題の趣旨のズレを回避するためには「そもそも論」を使用することをお勧めします。これは問題の軸を正しく捉えるために使う方法です。「そもそも私はなぜこの選択にぶち当たっているのか」や「そもそも私はなぜこの選択をする必要があるのか」というように、選択をすることのそもそもを自分に問いただすことで、本当に求められている答えが何なのかを確かめることができます。


 ここでは、正しい意思決定の選択に近づくために心がけたいポイントを紹介しました。意思決定をするときには、自分の主観や、趣旨のズレなどのノイズを排除することが必要になります。ここで紹介した方法で、正しい選択肢を選んで下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する