1. 英語のヒアリング能力をアップさせるために覚えておきたいトレーニング方法

英語のヒアリング能力をアップさせるために覚えておきたいトレーニング方法

 英語のヒアリングスキルをアップさせるためには劇的に効果のある方法というのは無く、ひたすら地道なトレーニングを積むしかありません。

 一旦身体に覚えこませてしまえばそうそう忘れる事はないのですが、覚えるまではひたすらトレーニングを積んでいく必要があります。ここでは、ヒアリングのトレーニングを出来る限り効率良く効果的に行うためのコツを紹介していきます。

必ずスクリプトや字幕を利用する

 ヒアリングのトレーニングには必ずスクリプトや字幕を利用して、英語を見ながら聞くという作業を行うという方法が効果的です。これは、日本人らしい英語のヒアリング力アップのトレーニング方法です。日本人には英語を読み書き出来るものの、話したり聞き取ることが出来ないという人が非常に多くいます。しかし、英語を読む事には慣れているおかげで聞き取れない文章や単語でもスクリプトが手元にあれば読めるため、この練習を積むことで英語が聞けるようになるのです。

 どういった分野の英語のヒアリング力をアップさせたいのかに応じて、使用するものを変えて下さい。例えば、日常英会話等に絞ったヒアリング力であれば映画などを英語の字幕をつけて見ることは有効です。こうする事で、日常でどういった英語を話しているのかを目で確認しながら聞き進める事ができます。

しっかりと耳を傾ける

 読めるが聞き取れない英語がどういう音で発音されているのか、単語と単語がつながって文章になった時はどういう音で聞こえてくるのかというトレーニングをする事で、ヒアリング能力を鍛えることが出来ます。

  ただ聞き流している状態は耳が英語に慣れるということに過ぎず、英語を聞き取る能力、つまり正確なヒアリング能力には繋がりません。スクリプト無しで聞くトレーニングにおいては、身体の全神経を集中させて流れてくる英語に耳を傾けるようにして下さい。

 我々にとって英語は外国語です。意識的に聞くとこを工夫していかなければ、英語を聞き取れるようにはなりません。上記の工夫をしつつ、地道にトレーニングを積んでいくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する