1. ビジネスシーンで用いることができる英語の会話の組み立て方

ビジネスシーンで用いることができる英語の会話の組み立て方

by pedrosimoes7
 最近では外国と接点を持ったビジネスシーンも増え、ビジネスの現場でも英語が重要視されています。ここでは、ビジネスでも使えるような英語の会話の組み立て方を紹介します。

会話の最初の言葉を意識する

 英語で話すときには最初に主語を言う必要があります。動詞から話を組み立てると、誤解を生むこともあるでしょう。動詞を先に言って話すと命令形になってしまいます。いきなり命令口調で話してしまうと会話する相手にも、失礼な態度だと思われかねません。基本的には主語を立てて次に動詞、そして最後に名詞を置くと簡単に組み立てることができます。

 また、質問する場合は、疑問詞から会話を始めましょう。多くの場合、疑問詞とその他の言葉から内容を相手が推測してくれます。

英語のスキルをまず相手に示す

 ビジネスの現場では、相手も英語が話せると思い、かなりのスピードで話してくる場合もあります。しかし、自身のスキルがない場合、それでは会話できません。そこで、自分から英語のスキルがなく、会話に不安があると伝える手段があります。すると相手も英語のスキルを理解して、ゆっくり話したり文章に書いてくれたりするでしょう。

 また何度か繰り返すことで理解を深める方法もあるでしょう。すると相手も今まで話した言葉よりもゆっくりと話してくれます。


 会話をするときに気を付けたいのは、話を主語や疑問詞で始めることと、翌聞き取ることです。ここで紹介した方法で、うまくコミュニケーションを取りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する