1. マネジメントで苦労することを改善する方法

マネジメントで苦労することを改善する方法

by mrhayata
 マネジメントをするにあたって多くの人が苦労する点は、決定事項を周知徹底する事と、共通のビジョンを共有する事の2つではないでしょうか。マネジメントには苦労がつきものです。様々なマネジメントのスタイルがありますが、基本として大切なのは周りに理解させることと、ひとつのビジョンをメンバーで共有することではないでしょうか。

周りに理解させること

 マネジメントで大切な事は、決定事項などを周知徹底する事です。周りに把握させる事は一番難しい事でしょう。認識のズレや、齟齬があってはなりません。方向性も、全員が同じ方向を向いていなければなりません。リーダーとしてマネジメントする時に大切でありながらも、苦労する点は、認識のズレをなくして、齟齬をなくす事です。周りに理解させることは苦労する点ですが、チームをマネジメントして行くにあたって、メンバーを同じ方向へ引っ張っていくリーダーシップが求められるでしょう。

ビジョンをメンバーで共有すること

 会社の理念や事業の目標などのビジョンを共有するのは難しいことではないでしょうか。多くの人が働く場でマネジメントする必要が出てくると、一人ひとりにビジョンを伝えるのは難しくなります。しかし、チームでビジョンを共有せず、ちょっとした考え方の違いを見過ごせば、それはいずれ綻びとなってチームに現れてしまうでしょう。理念を共有するためには、日頃からビジョンについて共有する時間を作ったり、考える時間を作る必要があります。


 あなたのマネジメントのスタイルに関わらず、ビジョンを共有する事と、周知徹底する事は大切であり、苦労する点であると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する