1. ビジネスや人生の意思決定の場面で悩んだときに使える3つのコツ

ビジネスや人生の意思決定の場面で悩んだときに使える3つのコツ


 管理職・一般社員・転職や起業を志す人などに共通し、誰もが避けずには通れないのが「意思決定」の場面です。会社勤めや日常生活を送る上で、そういった重要な意思決定場面というのは誰もが経験します。
 
 自分の決断や決定したことに対して納得出来なければ、その決定は間違っている可能性があります。意思決定をする際には、何より自分自身が納得できる意思決定をしなくてはいけません。ここでは、意思決定に迷った時に役立つのコツについてご紹介します。

自分はどうしたいのかを心に問うこと

 仕事上でもプライベートでも「自分は今の場面でどうしたいか」を常に問いながら生きている人間は、重要な意思決定の場面においても揺るぎない意志を持っている場合が多いです。

 様々な問題や諸事情にとらわれることもありますが、まずは「自分はどうしたいか」を考え周囲に表明することが意思決定の時には大事になります。その際に批判や結果を気にしすぎないことがコツです。結果的にその決定が失敗だったとしても、自分の強い意志や決断に基づいた行動であれば後悔すること無く次回に活かせるようになりますし、諦めずに成功するまで頑張れる事になります。

 他人に決断や判断を委ねるのではなく、主体的に自分はどうしたいかを意識していくようにしましょう。

情報を集めて選択肢を持つこと

 意思決定に悩む理由の1つは、情報収集不足で成功する画が描けないという点にあります。良いイメージができないと、その判断にも自信は持てません。

 判断に困ったときには頼れる上司や先輩、家族友人などに意見を求めたり、インターネットを駆使して調べたりすることが重要です。決断力があると思われている人も、裏ではすごく考え悩み人に相談しているケースがほとんどです。多くの知識や情報を得て、選択肢を広げた上で的確な決断をするようにしましょう。

やらなかった後悔という考え方を持つこと

 その決定が大きければ大きいほど、将来の自分から客観視してみることが大切です。そして、「もしやらなかったときに自分は後悔するかどうか」というを1つの判断基準にしてみてください。

 重要な意思決定場面ほど、この機会を逃すと次にその機会を得られる保証はないと考えた前提で選択した方が良いです。もし「3年後、同じ機会が得られなかったとしても別にいい」という判断をするのも重要な意思決定です。

 以上の3点を順に回していくのが、意思決定をする思考を鍛える方法です。ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する