1. 経営で行う意思決定を最適化するための方法

経営で行う意思決定を最適化するための方法

by Hsiung/d6478coke
 経営者は、選択するという場面を数多く持っています。そして、その意思決定を正しく行えているかどうかが今後の業績、または会社の存続に大きな影響を与えていきます。正しい意思決定を行うためには意思決定を最適化することが必要です。ここでは意思決定を最適化する方法を紹介していきます。

「なぜ?」を使いこなす

 「なぜ?」というワードは、正しい意思決定をする際に役立ちます。自分の出した答えに「なぜ?」と問いかけてみましょう。最低五回は繰り返し問い続けるようにしてください。繰り返すことで効果が増大します。「なぜ?」と追及を繰り返すことで、その選択の本当の意味・有効性を調べることができます。直面している問題自体にも「なぜ?」という問いかけは有効です。問題の本質を捉えることで、解消すべき内容も見えてきます。「なぜ?」というワードを使いこなすことで選択肢の本質を見破ることができるようになってください。

仮説と検証をくりかえし行う

 意思決定の最適化を促すには、仮説を立て、検証を行うという方法もあります。決断が成功したときに多くの人は成功に満足してしまい、それ以上追及することを止めてしまいます。しかし、成功した先にこそ、本当に重要なことは待ち構えているのです。まずは、成功した理由について検証することです。成功した理由について考えることは、これからの成功のためのノウハウを準備することと同じです。プロジェクトの成功要因を徹底的に調べつくすことで、成功するために必要な要素についての知識を身につけられるのです。


 ここでは、経営判断で行う意思決定を最適化するための方法を紹介しました。常日頃から成功について理由や原因を考えることが、意思決定をブラッシュアップし、最適化していきます。ここで紹介した方法で、意思決定をさらに良いものにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する