1. 中途採用希望者が志望動機の書き方で押さえておきたい3つのポイント

中途採用希望者が志望動機の書き方で押さえておきたい3つのポイント

by t-miki
 転職活動で記入する履歴書の項目には、志望動機を書く項目があると思いますが、ここには何をかけばよいのでしょうか?実は、面接官と中途採用希望者の志望動機に求めるものは新卒の方とは違います。中途採用者はその面接官の気持ちを組んだ志望動機を書く必要があるのではないでしょうか。ここでは転職希望者の志望動機はどのようにかけばよいかを説明したいと思います。

1.志望動機と自己PRを混同しない

 志望動機は自分の仕事に対する思い、価値観を伝える文章を、自己PRは自分の魅力、売りを具体的なエピソードを交えながら伝える文章を書く必要があります。志望動機には自分のこれまでの経験が希望する仕事にどのように活かせるのか、そして、希望する仕事を通じて自分が達成したいことや、キャリアプランを書くと良いでしょう。

2.会社の魅力と仕事の魅力をセットで書く

 企業は、自社のどこに魅力を感じたのか、そして仕事に魅力ややりがいを感じるのかを知りたがっています。片方だけでは説得力がありません。逆にいえば、その企業の魅力と仕事そのものの魅力をうまくまとめることができれば、面接官も、納得しますし、事前に会社をよく調べているなと好感を持ってもらうことができます。

3.新卒の履歴書とは違った書き方をする

 転職の履歴書と新卒の履歴書で同じ書き方をしてしまうと、うまく中途採用の場合アピールすることはできません。中途採用の履歴書では、今までの経験と培ったノウハウを次の職場でどのように活かすことが出来るかについて強くアピールして下さい。その会社で何が出来るのかを明確にし、自分を雇うメリットを書き出しましょう。


 
 いかがでしたでしょうか?中途採用者が志望動機を書くためには、まず、志望動機で書くこと、求められていることをはっきりとさせて、そこから応募する会社の企業調査を行うということが大事です。意識を持って、うまく志望動機を書きましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する